our picks

2019.12.18 Wednesday
カナザワカズヒロの5cmの世界

弊社契約のカナザワカズヒロさんは、紙を使って人物や背景を立体で制作する作家さんです。ですが、通常我々が目にするのは、完成した作品の写真であるため実物がどのくらいの大きさで、どれぐらい細部が細かいものなのかがわかりづらかったりします。実は、カナザワさんの作る作品は、人物でだいたい高さが5cm程度しかありません。さらに、画面の中に出てくる桜の木の桜の花びらや地面の芝生の草の葉にいたってはほんの数ミリといった小ささです。今回は、ご本人にその細かい制作過程や、制作の苦労話などについて伺いました。

A まずは、制作過程をざっと説明していただけますか?
K はい。では、最近作った「車椅子に乗ったおばあさん」で順を追って説明します。

  • 1. まず最初に設計図としてラフスケッチを描きます。鉛筆かボールペンで線画を描いてPCに取り込み、フォトショップで色付けをします。  
  • 2. 次に、車椅子の各パーツを主に和紙とダンボールで作ります。棒状のものは細く切った紙にボンドを付けながら、よじって作っています。
  • 3. 作ったパーツを組み立てていきます。(細かい作業ですね!)
  • 4. 最後に、座椅子のシートを貼って、車椅子の部分は完成です。
  • 5. 次はおばあさんですが、まずティッシュペーパーに木工用ボンドを付けながら丸め、土台を作ります。これは頭部になります。
  • 6. 同じように作ったからだの部分に頭を合体させます。後々の作りやすさを考えて、頭は付けたり外したりできるように作っています。
  • 7. 全体に薄く剥がした段ボールを貼り付けていき補強します。これで、乾くと固くなり、カッターで削ったりしやすくなります。
  • 8. 同じように腕も作ります。指はカッターで彫りこみ、薄い和紙を貼りながら作ります。手の表情も大事なので、神経を使います。
  • 9. 耳と目をさらに作り
  • 10. 髪の毛もつけます。
  • 11. そして、目やシワなどはカッターで切り込みを入れて表現します。この時なるべく垂直に刃を入れるのがポイントです。
  • 12. 次はめがねを作ります。極細(0.5mm幅)に切った紙にボンドをつけてよじって棒状にし、それをつなぎ合わせてめがねの形にしていきます。
  • 13. 顔に取り付けます。ぴったりですね。
  • 14. 次は洋服です。まず地になる色の紙を貼り付けます。
  • 15. 次に洋服の模様作りです。まずは、模様に使う紙(上から模様の下描き、地色の和紙、花柄の色のダンボール)を重ねて、形を切り抜きます。
  • 16. そして、抜いたかたちの部分に、別の紙の切り取ったかたちをはめ込んでいきます。紙の側面にボンドを付け、接着しています。
  • 17. 中心の丸いかたちも切り抜き、違う色紙をはめ込んでいきます。
  • 18. できた模様を一つ一つ切り離し
  • 19. 胴体に貼り付けていきます。
  • 20. こうしておばあさんが完成です。
  • 21. 最後は落ち葉作りです。色彩豊かに表現するために、あえてコピックで着色し、落ち葉らしさを出すためにティッシュを作って作ります。
  • 22. こんなふうにいろんな色が混ざり合っているのが落ち葉にぴったりです。ハサミで1枚ずつ葉の形に切り抜きます。
  • 23. これで完成です!

A(artliaison)   細かい作業の連続ですね!まさか洋服の模様を、土台となる紙に貼り付けているのではなく、はめ込んでいるとは思いませんでした!そもそも、なぜ、紙を使って制作しようと思ったですか?

K(カナザワさん) 大学で和紙を使ってランプシェードを作るというテーマの授業があったのですが、その時に紙の質感や繊維の感じが面白くて和紙を気に入った事、そして日比野克彦さんが段ボールで立体作品を制作されていたのを見て、そんな身近な素材でも芸術作品になるのが面白いと思った事などから、紙に可能性を見出した事がきっかけだと思います。

A )紙で作品を作りはじめてどれぐらいになるのですか?

K )2002年の秋頃から本格的に始めたので、17年になります。

A)それはすごいですね。もう職人技の域ですね。ちなみに、今回制作してくださった「車椅子に乗るおばあさん」はラフ制作から完成まで、だいたいどれぐらいの時間がかかりましたか?

K)約2週間くらいです。ラフを描いて車椅子に1週間。おばあさんに5日間。落ち葉作りに2日程度です。

A)これだけ細かい作業だとそれなりにかかりますよね。ところで、作品を作る上で決めていることはありますか?

K)基本的に全て紙で作る、紙の持っている色をそのまま活かす(後から着色しない)、特定の色が必要な場合は白い紙にコピックで着色した自作の色紙を素材とする、キャラクターは手のひらにのるサイズという事を決め事としてやっています。

A)制作する上で苦労する点は?

K)まず、紙にこだわって作っているため、人間や動物、植物や人工物、それぞれの質感や、らしさを出すにあたって紙の種類を変えたり、作り方を工夫しないといけないところは苦労します。例えば動物の毛並みを作るのにも一本一本の毛を植えたり、手すき和紙の繊維感を利用したり、表面をやすりで削って紙の繊維感を出したりなど工夫しています。また猫の髭や眼鏡など、細い部分の制作は細すぎると紙がボロボロと切れてしまうので難しいです。猫の髭は、最近思いついたのですが、繊維が強い手漉きの和紙を使っています。繊維が強いので細く切ってもボロボロになりません。紙の色を活かして作る点も、肌には薄黄色の和紙、髪の毛には白い和紙、スカートには段ボールという感じで色の違う紙を貼り分けて作っているので、これもサイズが小さくなればなるほど大変です。中でも洋服の柄は模様を切り抜いてはめ込んで作っているため特に苦労します。また、キャラクター自体のサイズが小さいので、キャラが持つ小道具などはさらに小さくなり、出来る範囲で制作しますが、その点も難しいと感じます。その他、木の葉や桜、銀杏などの植物の制作は葉や花びらの一枚一枚を手で切ってピンセットで組み立てたりしているため時間もかかります。写真になった時にどう見えるかについても気を使っています。

A)気の遠くなるような作業ですね。でも、お聞きしていると、苦労のほとんどが作品のサイズが小さいことによるもののように思うのですが、なぜ手のひらにのるサイズなんでしょうか? もう少し大きく作れば楽なように思いますが。

K)最初の頃に手のひらに乗る5cmくらいの人形をしばらく作っていたため、作り慣れているというのが大きいですね。サイズを大きくするとその分作り込む手間も多くなるのでもっと大変かもしれません。別の仕事で高さ15cmくらいのフィギュアを作った事もありますが、作風として紙を細かく千切って貼り付けることで仕上げていくため、大きくなった分、延々とその作業を繰り返すことになり、かなり手間と時間がかかりました。作り方、紙という素材を考えると自然と小さなサイズになるのかなと思ったりします。また小さく作った作品を撮影して拡大してみた時に見えてくる紙の質感が好きですし、小さくて思い通りにならない事で、逆に面白い形や表現になる事もあります。そういう意味で、苦労は多いですが、完成した時に報われる感覚も大きいです。

A)こんなに細かい作業が続くと肩が凝りませんか?

K)肩こりはもちろん、首や背中にも影響は出ています。以前は腰痛が辛かったです。体操したり、プールで泳いだり、整骨院に通ったりして対処しています。最近はストレートネックを指摘されてなるべく顎を引くように心がけています。

A)ある意味体力勝負ですね。でも、「神は細部に宿る」と言いますから、やはりそういった細かいところにまで手を抜かないことがカナザワさんの作品の世界感を創り出しているのでしょうね。

A)ところで、確か毎年カレンダーのお仕事をされていますよね?

K)はい。以前国際展示場でのクリエイターEXPOというイベントに参加した時に名刺交換させていただいたカレンダー会社様からのご依頼です。2013年から続いていて、今作っているもので7年目になります。毎年12か月分で12点の作品を作っています。カレンダーという事で季節感が必要なので、桜の木や紫陽花、向日葵や他にはクローバー畑など自然の植物も制作します。一枚一枚葉を切ったり、花も花びら一枚から切ってピンセットで組み立てて作りますが、背景という事で大量に必要なため大変な作業量になります。そのほかにも背景として砂浜や地面の石畳、家の瓦屋根なども制作しています。全て紙で手作りです。大変な作業の連続ですが、12か月分の作品が出来上がると達成感もあり、やりがいのある仕事だと思っています。

A)7年目ですか、すごいですね。それも、毎年手の込んだ背景の作品を12点も!

K)1年目2年目はバラバラのテーマで12か月の作品を作っていましたが、3年目からキャラクターを固定して1年のストーリーとして作るようになりました。2020年はオリンピックなので家族でスポーツなどを楽しむアクティブな1年として作りました。今は2021年のカレンダーを制作中で、今回制作過程で作った車椅子のおばあちゃんをメインのキャラクターにしてまったりした感じの1年になる予定です。
*カレンダーの作品は弊社HPのカナザワさんのポートフォリオページでも紹介しています。
*また、カナザワさんご自身のHPでは、制作過程ももっと詳しく説明されていますので、ご興味のあるかたはのぞいてみてください。

 

A )では、最後に、今後どんなお仕事をされたいですか?

K )たくさんの方に見てもらえる駅貼りの広告のような、スケール感のあるお仕事がしたいです。また、小説や絵本、映画など、ストーリーを作る事に関わるお仕事や、コマ撮りでのアニメーション制作にも興味があります。

A )広告のお仕事は弊社が頑張らないといけない部分ですね。あと、カナザワさんの作品はストーリーの一場面といった作品が多いので、ストーリーを作る事に興味がおありだというのも納得でした。カナザワさんの作ったキャラクターが動くのも是非見てみたいですね。

 

2018.08.15 Wednesday
Mary Woodinの素敵な田舎の家
  • デスクの前のメアリー・ウディン

アートワークスのオフィスビルを訪問した(前記事で紹介)翌日、アートワークスの所属作家であるMary Woodin(メアリー・ウディン)の自宅を訪問しました。彼女が住むのは、ロンドンから東に電車で1時間半ほど行ったサフォーク州にある田舎町。以前は農家だったところをリフォームし、野菜や花を育てながら作家活動をしています。メアリーは昨年、田舎での生活を絵と文章でまとめた『drawn to the country』という本を自費出版したのですが、その本を見るたびに、本で描かれた場所やメアリーの生活をいつか実際にこの目で見てみたいと思っていたのです。

 

  • いました、お馴染みのニワトリ
  • 本の中ではこんな風
  • こちらは夏
  • こちらは春でしょうか。

訪れたのは7月あたまでしたが、今年の夏はイギリスでも異常気象で、例年よりも気温がかなり高く、雨がほとんど降らない日々が続いていました。そのせいで庭の土がかなり乾燥していましたが、それでもクレマチスやダリア、ラベンダーなどの花が美しく咲いていました。

  • 素敵な玄関です。
  • 玄関の前にはクレマチスが咲き誇っていました。

敷地はとても広く、広い芝生、花壇や畑、そして小さな池まであります。これだけの広さの庭を手入れするのはさぞかし大変だろうと思うのですが、それを日々こなし、さらには創作活動の時間もしっかり確保しているメアリーにすっかり感心しました。

 

  • 裏庭から見た家
  • ラベンダーに集まる蜂たちの羽音のうるさいこと。
  • さりげなく置かれたベンチが絵になります。

お昼はメアリーお手製のキッシュとサラダを、庭の大きな木の下でご主人のアンドリューさんも一緒にご馳走になりました。メアリーが作ってくれたランチはとても美味しく、主婦としての腕前もなかなかのもの。ご近所さんからケータリングを頼まれることもあるそうです。さらに自然の中でリラックスしながら食べるランチは格別で、話が尽きることがありません。もともとロンドンに住んでいたお二人ですが、お子さんができたことをきっかけに、この田舎町に引っ越してきたそうです。子供たちが小さな頃は毎日この広いお庭で近所の子供も一緒に遊び回っていたそう。そうやって育てた3人のお子さんもすっかり成長し、上のふたりは今ロンドンで大学生活をおくっているそうです。

 

  • この木の下でランチを食べました。
  • この畑で色々な野菜を育てています。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、気がつけばもう帰りの電車の時間。慌てて、スタジオを見せてもらうことに。メアリーのスタジオは同じ敷地内の別の建物にあります。同じ敷地内でも建物が違うことで、切り替えがスムーズにでき、制作に集中できるようです。部屋の半分でメアリーが、もう半分でご主人のアンドリューさんがそれぞれ制作活動を行なっているということでした。本当はもっと作品について聞きたかったのですが、残念ながらその時間はなく。続きはまたの機会ということで、メアリーとアンドリューに別れを告げ帰途につきました。でも、実際にメアリーが生活し、制作する場を見ることができたことは、彼女の作品を理解する上でとても貴重な経験でした。この経験を元に、これからも彼女の作品を多くの人に紹介していきたいと思います。

 

  • このデスクで作品は制作されています。
  • 壁にはメアリーが描いた作品が飾られていました。
2018.08.01 Wednesday
The Artwork(アートワークス)訪問
  • 右がオーナーのルーシーさん。左がスタッフのアレックス。

去る7月4日(水)に弊社の山本が、提携するロンドンのエージェンシー、The Artworks(アートワークス)のオフィスを訪問しました。実は、弊社の前身である株式会社アマナのイラストレーション部門が最初に扱ったのは、日本人作家ではなく、このThe Artworksの扱うイギリスの作家たちでした。ですので、お付き合いはかれこれ30年近くになります。その間、The Artworksのオーナーが替わったり、弊社がアマナから分社して独立したりと色々ありましたが、その間も途切れることなくおつき合いを続けてきた大変愛着のあるエージェンシーです。とはいえ、The Artworksのオーナーが現在のLucyさんに替わり、新しいオフィスに移ってからは一度も訪れることがなかったため、直接会うのはなんと今回が初めて!お互い「やっと会えましたね!」と初対面を喜びました。

The Artworksのオフィスは東ロンドンのShoreditch(ショーディッチ)と呼ばれる、今最もエッジーなエリアとして注目されているエリアにあります。数十年前は治安が悪かったようなのですが、その後多くのクリエーターやアーティストが住むようになり、町のいたるところがグラフィティアートで覆われ、おしゃれなお店やギャラリーが建ち並ぶ非常にユニークなエリアです。
The Artworksのオフィスはそんなエリアにあるビルの一室にありました。

  • オフィスが入っているビルの入り口
  • アートワークスのオフィスの入り口

壁面には天井まである本棚が作りつけられ、契約作家さんのポートフォリオや手がけた書籍などが所狭しと並んでいます。その中で特に私の目を引いたのは、作家のポートフォリオです。弊社も20年ぐらい前は、作家ごとにポートフォリオを準備していたものですが、それがホームページに取って代わって、今ではポートフォリオを見せる機会はほとんどありません。そのことをルーシーとアレックスさんに聞いたところ、彼らも一時期はホームページで作品を見てもらっていたそうなのですが、ここ最近になって再びクライアントからポートフォリオを見せて欲しいと言われることが多くなったとのこと。というのも、The Artworksが手がける仕事の多くは書籍の表紙や挿絵などのエディトリアルのお仕事。なのでクライアントは、モニター上ではなく、実際に紙に印刷あるいはプリントされた作品を見て判断をしたがるのだそうです。納得ですね。ですが、このポートフォリオが結構重いのです。そして、1回のミーティングに何冊も持っていかないといけないため、スーツケースに入れて運んでいるとのことでした。新しいテクノロジーが発達しても、必要とあれば古いスタイルを貫くところがイギリスらしいと感心しました。

  • アートワークスのオフィス
  • アートワークスの作家が手がけたお仕事
  • ポートフォリオ