news

2019.10.18 Friday
新メンバー、三谷真代さんのご紹介

今回新しく、三谷真代さんが弊社のメンバーに加わりました。水彩タッチで、人物や風景をファッショナブルに描くのを得意としています。特に人物は、似顔絵から、キャラクターっぽいものまで幅広く描くことができます。また、筆のストロークやかすれ、にじみなどを効果的に使い、モード感溢れる作品に仕上げたり、色味を抑えて透明感を感じさせる作品に仕上げたりと、要望に合わせて描き分けられるのも彼女の強みです。今後の活躍に期待したい作家さんです。

2019.10.10 Thursday
花モト・トモコ/個展『WEEKEND』

弊社作家の花モト・トモコさんの個展が開催されます。題して『WEEKEND』…「繊細なKIRIEによって生み出された、センシュアル&くつろぎのWeekend Story」。週末のくつろぎの時間とムードを切り絵でスタイリッシュに描いた作品が展示されるとのこと。その数、なんと35点!ぜひお立ち寄りくださいませ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇会期:
2019年10月29日(火)~11月3日(日)
※会期中無休
◇開館時間:
11:00~19:00
※最終日の日曜は11:00~18:00
◇会場:
タンバリンギャラリー
TAMBOURIN GALLERY
http://tambourin-gallery.com
東京都渋谷区神宮前2-3-24
銀座線外苑前 出口3徒歩8分 / JR千駄ヶ谷徒歩9分

2019.10.04 Friday
江越ミカ / 『anan』 No.2170

弊社作家の江越ミカさんが10月9日売りのananの「開運行動学。」の中の「月のパワーで運を引き寄せ。」る特集の挿絵やページ上の帯を担当しました。ルナロジーの創始者Keiko氏の監修で月星座ごとに開運するためのメモの書き方を取り上げられています。少しアクのある作品を描くことを特徴としている江越さんが、今回はアクを抜き、キーワードである「開運」にふさわしいトーンの可愛らしいモチーフをたくさん描きました。ぜひご覧ください。

2019.09.27 Friday
Kerrie Hess / DECORTÉ

弊社作家の Kerrie Hess (ケリー・ヘス) 821日からDECORTÉにて発売されている限定品、「コスメデコルテ ザ パウダーファンデーション キット KH」のケースやパッケージ、さらに、対象の化粧下地とファンデーションをセットでご購入の際にプレゼントされる Kerrie Hessデザインオリジナルポーチ、店頭ツール用などに作品を提供、制作しました。また、830日に六本木ヒルズで開催されたイベント内のブースやディスプレイ、配布ツールも合わせてご紹介します。
強く、シックでありながら、でもかわいらしさも持ち合せるそんな女性が描かれています。そろそろ発売から1ヶ月。もしかすると店頭では売り切れているかも知れませんが、ぜひお手にとってみてください。

2019.09.17 Tuesday
Jason Brooks / 大丸心斎橋 本館 リニューアルオープン・ビジュアル

大阪を代表する百貨店、大丸心斎橋店の約4年にもおよぶ本館建て替え工事が終了し、いよいよ今週20日(金)にグランドオープンします。それに合わせ、弊社契約イラストレーター、Jason Brooks(ジェイソン・ブルックス)が、大丸心斎橋店より依頼を受け、新しい本館のイメージを描きました。大丸心斎橋店といえばヴォリーズ建築で有名ですが、御堂筋側の外壁部分はそのまま保存され、その上に新たに高層ビルが増築されています。古い部分と新しい部分が違和感なく、美しいひとつの建築物として見えるように特に気をつけました。Jason Brooksといえば過去に、世界の大都市(パリ/ ロンドン / ニューヨーク)をテーマに描いたスケッチシリーズ(『Paris Sketchbook 』『London Sketchbook』『NewYork Sketchbook』)を出版していますが、いつかOsaka Sketchbook ができる日が来るかもしれません。
なお、描いた作品は大丸心斎橋店の公式ホームページでもご覧いただくことができます。

2019.09.06 Friday
オオノ・マユミ/個展『オオノ・マユミ展「花と本」』

先日、ご紹介させていただいた オオノ・マユミさんが手がけ、パイ インターナショナルより発売された『誕生花で楽しむ、和の伝統色ブック』。発売を記念して、昨日より、西荻窪の書店ギャラリーで個展が始まりました。
書籍の展示販売、また、ラッピングペーパーや切手風シールも販売されるそうです。
また、以前、装画を担当された、太宰治『女生徒』をお披露目とのこと。(Timeless Books/装丁:河村誠/限定数販売)。ぜひお立ち寄りくださいませ!
————————————-
オオノ・マユミ展「花と本」
会期:2019.9.5(木)〜18(水)
場所:信愛書店 en=gawa
杉並区西荻南2-24-15(JR西荻窪駅 歩3分)
電話:03-3333-4961
OPEN|12:00〜21:00(無休/最終日18:00まで)
PARTY| 2019.9.7(土) 18:00〜20:00

 

2019.08.30 Friday
Andrew Davidson / Rolex Monte-Carlo Masters

毎年、モナコの近く、フランス西部で、スポーツをはじめポーカー、ボクシング、レーシングなど様々な大会が開かれますが、その中の一つであるテニスの大会Rolex Monte-Carlo Masters。そのポスター等に使用するメインビジュアルは、弊社と提携しているイギリスのエージェントThe Artworks の契約作家であるAndrew Davidson が担当しています。過去にウィンブルドンのビジュアルを担当していたことがあり、それを見てご指名があったとか。当初は1回限りの予定でしたが、1回で終わらず、2年、3年と、Rolexサイドと信頼関係を気づき上げ、今年が10年目だったそう。毎年、大会に招待され、その際に、どっぷりと大会の雰囲気につかり、スケッチブックを片手にテニスコートをはじめ、海、街など、あらゆるものを描き留め、写真のメモと一緒に持ち帰り、翌年のビジュアル制作に役立てるそうです。
地中海北岸の光は本当に強いそうで、「ここまで強い色を使ったことがないけれど、それも尊重、受け入れてくださり、ベストクライアントの1社です。」と語っていました。来年のビジュアルも楽しみです。

2019.08.02 Friday
Rob Ryan / 大丸・松坂屋 『Think Pink! Think Blue! 』キャンペーン

去る5月8日(水)から6月18日(火)にかけて、大丸・松坂屋では、「みんなでもっと、ガンを知ろう。みんなでもっと、みんなを愛そう。THINK PINK! THINK BLUE!」と題し、ピンクリボン運動(乳がん検診の啓発活動)と、ブルークローバー・キャンペーン(前立腺がんの早期発見・適切治療推進活動)を合わせたキャンペーンが展開されました。そしてそれにあわせ、大丸・松坂屋が独自のキャンペーンマークを制作。そのビジュアルを、ハッピーホリデーキャンペーン(2017年以前はクリスマスキャンペーン)でもお馴染みのアーティスト、ロブ・ライアン氏 (Rob Ryan)が制作しました。(弊社がコーディネートを手がけています。)
ハッピーホリデーキャンペーンのビジュアルにも登場するメッセージバードが、キャンペーンを象徴するリボンとクローバーの葉をそれぞれくちばしにくわえたこのマークが、今後広く浸透し、乳がん検診、前立ガン検診を身近に感じるきっかけになってくれることを願います。
Rob Ryan氏のホームペジは→ https://robryanstudio.com/

2019.07.26 Friday
Malin Rosenqvist / 新作追加

Malin Rosenqvist (マリン・ローゼンクイスト) の新作のご紹介をさせていただきます。まずは、お得意の花の作品数点とアルファベットの作品です。季節の花柄を使った販促物や季刊誌をはじめ、ブランドロゴ、またセミカスタマイズ用のアルファベットなど、使い方は様々。彼女の手にかかると、ネガティブな説明カットも角がなく表現できますし、表現が難しい抽象的なカットもニュアンスで伝えることができ、また、お堅い政治的なメッセージも柔らかくすることができます。
PCモニタやスマホなどのデバイスですと、彼女の点描画のような繊細なタッチがご覧いただくことが難しいので…今回、2点ほど拡大カットもご用意しました。紙に落とすと、また表情が変わって見えとても素敵です。
ぜひ次回プロジェクトにご検討くださいませ。

2019.07.20 Saturday
Rob Ball / Game of Thrones – Collector’s Edition

先日、アメリカの大人気ファンタジー・ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」が最終章を迎えました。それに伴い、弊社と提携しているイギリスのエージェント、The Artworksのメンバー、Rob Ball(ロブ・ボール)Aesopのコラボレーションで、1章〜8章までのブルーレイセットが収められたCollector’s EditionのパッケージがAmazonにて予約販売開始。木に印刷されカットされた作品が重なると出てくる陰影がドラマの世界観にぴったり。細かい装飾も非常に凝っており、Robの世界観ともマッチ。ファンの方はゲットしたくなる一品です。
Rob Ballはイギリス在住のグラフィックデザイナー、イラストレーターとして活躍中。グラフィックデザインに使われるようなシャープできっちりとしたラインを使い描かれるユーモラスなキャラクター作品は、子供の頃に夢中になったMarvelコミックや2000AD、その後はポップカルチャーに無駄な時間を費やしたからこそ生み出されるものだそう!それだけ、では無いと思いますが…。今後の活躍が期待されます。