news

2019.08.02 Friday
Rob Ryan / 大丸・松坂屋 『Think Pink! Think Blue! 』キャンペーン

去る5月8日(水)から6月18日(火)にかけて、大丸・松坂屋では、「みんなでもっと、ガンを知ろう。みんなでもっと、みんなを愛そう。THINK PINK! THINK BLUE!」と題し、ピンクリボン運動(乳がん検診の啓発活動)と、ブルークローバー・キャンペーン(前立腺がんの早期発見・適切治療推進活動)を合わせたキャンペーンが展開されました。そしてそれにあわせ、大丸・松坂屋が独自のキャンペーンマークを制作。そのビジュアルを、ハッピーホリデーキャンペーン(2017年以前はクリスマスキャンペーン)でもお馴染みのアーティスト、ロブ・ライアン氏 (Rob Ryan)が制作しました。(弊社がコーディネートを手がけています。)
ハッピーホリデーキャンペーンのビジュアルにも登場するメッセージバードが、キャンペーンを象徴するリボンとクローバーの葉をそれぞれくちばしにくわえたこのマークが、今後広く浸透し、乳がん検診、前立ガン検診を身近に感じるきっかけになってくれることを願います。
Rob Ryan氏のホームペジは→ https://robryanstudio.com/

2019.07.26 Friday
Malin Rosenqvist / 新作追加

Malin Rosenqvist (マリン・ローゼンクイスト) の新作のご紹介をさせていただきます。まずは、お得意の花の作品数点とアルファベットの作品です。季節の花柄を使った販促物や季刊誌をはじめ、ブランドロゴ、またセミカスタマイズ用のアルファベットなど、使い方は様々。彼女の手にかかると、ネガティブな説明カットも角がなく表現できますし、表現が難しい抽象的なカットもニュアンスで伝えることができ、また、お堅い政治的なメッセージも柔らかくすることができます。
PCモニタやスマホなどのデバイスですと、彼女の点描画のような繊細なタッチがご覧いただくことが難しいので…今回、2点ほど拡大カットもご用意しました。紙に落とすと、また表情が変わって見えとても素敵です。
ぜひ次回プロジェクトにご検討くださいませ。

2019.07.20 Saturday
Rob Ball / Game of Thrones – Collector’s Edition

先日、アメリカの大人気ファンタジー・ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」が最終章を迎えました。それに伴い、弊社と提携しているイギリスのエージェント、The Artworksのメンバー、Rob Ball(ロブ・ボール)Aesopのコラボレーションで、1章〜8章までのブルーレイセットが収められたCollector’s EditionのパッケージがAmazonにて予約販売開始。木に印刷されカットされた作品が重なると出てくる陰影がドラマの世界観にぴったり。細かい装飾も非常に凝っており、Robの世界観ともマッチ。ファンの方はゲットしたくなる一品です。
Rob Ballはイギリス在住のグラフィックデザイナー、イラストレーターとして活躍中。グラフィックデザインに使われるようなシャープできっちりとしたラインを使い描かれるユーモラスなキャラクター作品は、子供の頃に夢中になったMarvelコミックや2000AD、その後はポップカルチャーに無駄な時間を費やしたからこそ生み出されるものだそう!それだけ、では無いと思いますが…。今後の活躍が期待されます。

2019.07.12 Friday
ホンダシンイチ/高島屋クリアランスセールSummer2019

ホンダシンイチさんが髙島屋百貨店 (JR名古屋以外の全店) の2019年度サマークリアランス用の店内ポスター、店頭POP、DM、WEB等のイラストを手がけられました。街中で目にされた方も多かったはず。夏に爽やかなブルー系で仕上げられ、テキストの赤とのコントラストが購買欲を高めました…。制作テーマは「海と力強さを感じさせる女性」だったとのこと。試行錯誤され、たどり着いたのはホンダさんの強みである大胆な筆の掠れや飛沫を最大限生かして表現すること。同時に優雅さを感じさせる女性を描くことを常日頃から意識しているということで、その成果が現れた1点となりました!

2019.07.05 Friday
MAKO / THREE TREE JOURNAL

MAKOさんが THREE TREE JOURNAL7月3日にリリースされた記事『大人の夏の宿題』に合わせ作品を10点制作。タイトルの通り、子供の頃の夏休みの宿題を思い出し、この夏、何かにチャレンジする、自分に何か課してみる、そんな夏を過ごしませんか?というもの。内容はどれも明日からやってみれそうなことですが、MAKOさんの作品が添えられることで、女性としてもワンランクアップできそうな、そんなオシャレな課題に見えてきます。
この夏、ワンランクアップ目指してみませんか?

2019.06.28 Friday
The Artworks  新メンバーMaren Schabhüserのご紹介

弊社と提携しているイギリスのエージェント、The Artworksに新しいメンバー、Maren Schabhüser (マーレン・シャプザー) が加わりました。
ドイツのハンブルグを拠点に活動するペーパー・アーティスト兼フォトグラファー。様々な素材と技術を使い創り出される作品は、どれも遊び心があり、同時に非常にシンプルで明るい色が使用されているのが特徴。ドルトムント応用科学・美術大学(University of Applied Science and Arts) に就学中に、複雑なもの、手作りのもの、そして様々な紙に熱中した結果、これらの作品シリーズの制作にたどり着きました。
制作の際は、写真を見たり、実物を観察し、どういうアングルで構成すると目指すものに近づくか構想をし、簡単な試し描きなどをし、うまくいくか綿密に計算した後、完全に完成形が見えたところで、紙の作業にうつるそうです。「私、紙の上にアングルを緻密に計算して、間違わないように描き起こすのが大好きなの!」と話すMaren。計算をし尽くすので、ほとんど間違いは起こらないそうですが、もし大きな間違いをしてしまったら、「一から作り直すか、小さなパーツをバラバラにして修復するかして対応します。だって私、完全主義者だから!」と。最終的な仕上がりを常に想像し、何度も確認を繰り返しながら、作り進めていくそうですが、クライアントがその最終形を想像できないことがあるので、それが一番、難しいところかもしれない、と話してくれました。
こんな細かな作品は一体どれぐらい時間がかかるんだろう…と聞いてみると、以下のラーメンの作品はなんと、2〜3日で、撮影まで完了するそうです。驚きの速さ…。理数系の脳とアートの脳、両方を持ち合わせて、素晴らしい作品を生み出すMaren Schabhüser。今後の活躍が楽しみです。

2019.06.19 Wednesday
戸屋ちかこ / 個展「Apartment」ご紹介

5月25日〜6月16日まで六本木ヒルズのA/Dスペース、A/Dギャラリーのショップにて開催されていた戸屋ちかこさんの個展「Aprtment」が大好評にて会期終了。しまった、見逃した!という方のためにご紹介をさせていただきます。
様々な生き物が暮らすアパートメント…生き物たちの表情はどれも無表情に近かったのですが、それは「観る方々に自由に感じていただきたかったから」とのこと。ファッションや背景の装飾などが、細かく丁寧に描きこまれ、戸屋さん独特の世界観でパワフルに、そしてビビッドに描かれていたので、観るところが盛りだくさんで、作品が語る言葉が多く…。無表情だったことに、あとからご説明いただいて、そういえば…と思い起こしました。
制作の際に迷われたところは創るものは「絵画なのか、イラストレーションなのか」という点。「今回は気軽に飾って楽しめる、インテリアアートとしての一面も取り入れました」とのことでしたが、確かに、観るたびに表情が変わる、見えてくるものが変わる、そんな素敵な作品たちでした。現に原画も飛ぶように売れたそうで、半分以上は海外の方だったとか。「いきものの共存を願う気持ちが常にある」という戸屋さん。そんな想いが一枚一枚の作品に込められて旅立って行きました。アートという言語は万国共通だな、と感じさせられた個展でした。
ただいま、同スペースにて「蚊遺り豚x36」にも作品出展中です。ぜひお立ち寄りくださいませ。

2019.06.14 Friday
ハラアツシ / 2019年度 JA家の光 料理教室ポスター

本年度もお声がけいただきました一般社団法人 家の光の料理教室のポスター。制作は本年もハラアツシさん。前回はJAの直営所の野菜売り場が見えていましたが、今回はお料理教室のもっと中に潜入。登場人物は一緒ですが、今回は子供達がケーキ作りに大活躍しています。調理台には色とりどりのフルーツとケーキが並びます。
そして…3年目の今回も制作チームの中だけで、隠れキャラとして大切にしていこうと話している「猫」が隠れています。ぜひ探してみてください。

2019.06.06 Thursday
Jiri Votruba / 個展『TOO MUCH LOVE』

Jiri Votruba(イジー・ヴォトルバ)が5月2日から6月23日まで、トルコのアンカラで個展を開催しています。そして今回は、イラスト作品ではなく、ファインアート作品の作品展です。ヴォトルバ氏は、イラストレーターとして活動するかたわら、アート作品の制作も精力的に行っているのですが、お得意のユーモア溢れる作品や、クラシック音楽をテーマにしたイラスト作品とは違い、人物をリアルに描いた作品や抽象画などを数多く制作しており、今回は人物画を中心に展示しています。これらの作品は訪れた様々な国で出会った人を描いたもので、今の時代に生きる人をうまく捉えています。よく見ると日本人を描いた作品も。(写真ではちょっとわかりづらいのですが。)モデルとなった人には今でも交流を続けている人もいるとか。今回はトルコでの展覧会ですので、直接作品を見てもらうことはできませんが、ヴォトルバ氏のアート作品にご興味のある方は彼のサイトをのぞいてみてください。
ヴォトルバ氏のサイト→http://www.votruba.cz/

2019.05.31 Friday
大野文彰/TOYOTAホーム

災害時に必要ななことと、それらを兼ね備えた、災害に強いTOYOTAホームの家づくりを紹介したデジタルカタログの説明カットを大野文彰さんが手がけました。キュートな博士や、災害に対して楽観的すぎるお父さん、現実的で、そんな心配するお母さんなどをシンプルながら表情豊かに描きました。固い内容のカタログを読みやすくしてくれています。カタログはTOYOTAホームのカタログ請求からお取り寄せ、もしくは、以下のQRコードを読み込みご覧くださいませ。

1 / 101234...10...最後 »