news

2018.06.21 Thursday
Jan Buchczik / 『The One & The Many』

弊社作家の Jan Buchczik (ヤン・プハチック) が『The One & The Many』を手がけました。全てのイラストはもちろん、テキストも。100ページにわたる大作です。大学の卒業制作の一つとして昨年制作したそう。アイデンティティーとは何か?限られた時間とスペースの中で息苦しく、誰か他の人になりたい!と思ってしまうような、そんな葛藤を抱えた人生の少しモヤモヤ部分のお話。ヘビーに思える題材ですが、カジュアルなショートストーリーとJanのコミカルなイラストによって構成されているとのこと。「時に長く、辛いこともある人生だけど…自分探しに手に取ってもらいたいな」と話していました。
話題のビジュアルや書籍、アニメーションなどを取り上げる It’s Nice That でもピックアップされました。(画像データはIt’s Nice ThatとPOOL Publishing より)
ご購入はコチラ→POOL Publishing

2018.06.15 Friday
Piet Paris / Allard Wildenberg Art Project

Piet Paris(ピエ・パリ)Allard Wildenberg Art Projects にて、7月14日まで公開中の作品を一部ご紹介いたします!Piet 独特の美しいラインを使って描かれたモチーフをテキスタイルのように並べて制作された作品から、ファッションイラスト、全てを削ぎ落とされたシンプルな花やフルーツなど幅広くご覧いただけます。

2018.06.01 Friday
The Artworks 新メンバーDarling Clementine のご紹介。

弊社と提携しているイギリスのエージェント、The Artworksに新しいメンバー、Darling Clementine(ダーリン・クレメンタイン)が加わりました。Darling ClementineはデザイナーでありイラストレーターでもあるIngrid ReithaugとTonje Holandのふたりから成るユニット。イギリスの美術大学を卒業し、現在はノルウェーのオスロで活動しています。大学でヴィジュアルコミュニケーションとアートディレクションを学んだ彼女たちは、絵本を制作するといったような自由度の高いお仕事はもちろん、企業などからの依頼で、相手の要望に合う作品を創りだすこともとても好きな仕事だとのこと。そのため、最高の結果を導き出すため、作風もひとつにこだわらず、その都度要望にあったタッチで制作しています。実は弊社も、以前彼女たちに商業施設の年間ビジュアルをお願いし、一年を通して季節に合わせた絵を描いてもらったことがあるのですが、日本ならではのものも上手に描いてくれたことを思い出しました。2006年には自身のステーショナリーブランドを立ち上げ、現在商品は日本を含め世界各国で販売されています。これからも、依頼された仕事と自分たちが作りたいものを作ること、その両方をバランスを取りながら独自の活動を続ける彼女たちに注目です。

2018.05.25 Friday
Josie Shenoy / Roman Bath パッケージ制作

THE ARTWORKS の作家であるJosie Shenoy がイギリスのバースにある古代ローマの公衆浴場の史跡であるRoman Bathsが販売する、地元の紅茶職人が生産した紅茶や高級チョコレート、キャンドルから食器やキッチンウェアに至るまで、様々なアイテムのパッケージ用にイラストを制作しました。制作した作品は1点ですが、その中には、史跡とその周りの歴史的な空間、そして、公衆浴場と神話に出てくるMinerva (ミネルウァ)とThe Gorgon’s Head (ゴルゴンの首)、彫刻された文字や古代ローマの金貨、神殿のペディメントに描かれたオークの葉のリースやテラスの周りに描かれていたパターン画までを網羅しました。史跡、というと、なんだか暗くてジメジメしたイメージですが爽やかな仕上がりになりました。

2018.05.18 Friday
ホンダシンイチ / FLOWFUSHI x VOGUE JAPAN

ホンダシンイチさんがVOGUE JAPANのスマホ版WEBサイト内、FLOWFUSHI の「リップトリートメントLIP38℃」ページにて、「01 ヌードピク」「02 ヌードコーラル」「03 ヌードスパークリング」の3カラーそれぞれのムードに合わせた女性を描きました。制作途中に大きな方向転換があったようで、それに対応するのが難しかったようですが、非常に素敵な仕上がりとなりました。シンプルな線画ではありますが、それぞれのリップカラーに合ったモード、セクシー、強さを持つ凛とした女性を描き分けられ、また、女性の服装には、商品の特徴であるスワール(渦)をが描きこまれており、このイラストがあることで、一目で好みの色を探せます。
2018年春夏の”Nude”をテーマとしたトレンドカラー3種の限定登場。モードなリップは、メイクアップ・アーティストのKOUTA氏が指南されたそう。ぜひサイトをチェック&今夏の1色に加えてみてはいかがでしょうか?

2018.05.10 Thursday
Piet Paris / Allard Wildenberg Art Project

5月19日より、Piet Paris(ピエ・パリ)が、Allard Wildenberg Art Projects にて、新たに描き起こされたファッションイラストの個展を開くことになりました。この展示はドイツのドルトムンド大学のアートセンターのディレクターであり、またオランダの前ユトレヒト中央博物館のディレクターである Edwin Jacobs により開催されるもので、非常に名誉なこととのこと。
原点に戻って、今回の展示のために新たに制作された作品は、四角、丸、四角、長方形で構成。メディアも基本に戻り、ローラーを使ってのペイントにチャレンジしたそう。全作品の50%はファッションイラスト、残りの50%は基本の形を使用した『花瓶に花』のようなよくあるシーンが集まった作品群となるそうです。(が、Piet の新作ですから、よくある『普通』の作品にはとどまらないこと必至です!)オランダにご旅行やご出張のご予定がある方は、ぜひお立ち寄りくださいませ。
・・・・・・・・
Galerie Allard Wildenberg Art Projects
Cattenhagestraat 13a

1411 CR Naarden-Vesting
The Netherlands
tel 31-6-270-73-999
mail  info@allardwildenbergartprojects.com
facebook  /allard.wildenberg

2018.04.27 Friday
Karen Greenberg / Mercedes Benz x VOGUE Japan

Karen Greenberg (カレン・グリーンバーグ) が Mercedes BenzとVOGUE Japanとのタイアップページ ”She’s Mercedes With VOGUE Japan” 内に “A Mercedes Moment” と題し、Mercedesとの思い出を綴られる新連載用に4月から毎月イラストを担当することになりました。(コチラ→『スタイリストとしての転機を乗り越えた時、一緒にいた黒のステーションワゴン。』)愛車の黒いステーションワゴンと愛犬のお話です。次号もぜひお楽しみに!

2018.04.19 Thursday
Jiri Votruba / 新作絵本『BANAN』のご紹介

Jiri Votruba(イジー・ヴォトルバ)より、新作の絵本が届きました。チェコ語で書かれているため、書かれている内容は分からないのですが、絵を見ると、バナナが生産国から船で運ばれて消費地に届くまでの道のりを描いたものだということは分かります。ヴォトルバ氏と言えば、3月にご紹介した『ピアノの本』の表紙のイラストのように、クラシック音楽をテーマとした作品がまず思い浮かぶのですが、実は、クラシック音楽に限らず、さまざまなテーマで作品を制作しています。そして、どのようなテーマでも、ヴォトルバ氏らしい線画と、カラフルな色使い、そして絵から感じる親しみやすさは共通しています。今後、どのようなお仕事を手がけていくのか楽しみです。

2018.04.06 Friday
Alessandra Scandella / 最近のお仕事のご紹介

Alessandra Scandella の最近のお仕事を一部紹介いたします。
まずは、イタリアのクラフツマンシップを感じさせる代表ブランドとも言えるTod’s。昨年より小冊子、スケッチブック、ショールーム、またNYの新店舗へのインビテーションカードなどに使用されるイメージを水彩とインクで制作。デザインの細かい部分も詳細に、でも、リアルにならない雰囲気のあるタッチで表現。水彩でのラフな着彩がシンプルな中にも高級感と漂わせ、質実剛健でありながら、同時に柔らかく品質と技術にこだわったTod’sの世界観にぴっったり仕上がりとなりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
メキシコの現代画家で民芸芸術の第一人者であるFrida Kahlo (フリーダ・カーロ) の作品や(未発表の作品も含まれているそうです!)人生についての特別展がミラノのMudec Museum にて、Frida Icona di stile と題し6月3日まで開催中なのですが、その Frida Kahlo展 のカタログを手がけました。また、現在、印刷の最終段階に入っているというFrida Kahloのファッションやスタイルについてまとめられた書籍『Frida Vestida, abiti e accessori di Frida Kahalo』も担当中。公開前にほんの少しだけご紹介!見開きページ用に10点以上、カットは大量に、そして表紙も手がけました。ここまで来るには長い長い道のりだったとのこと。渾身の作品たちをお楽しみください。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ミラノのファッション美術館 Palazzo Morando にて、1900年〜2000年のファッションスタイルに焦点をあてた展示があり、ドレスや洋服はもちろん、アクセサリー900点が展示されました。このポスターを制作するにあたり、クリエイティブチームであるStudio Containerと共に、美術館がセレクトしたドレスについて研究したり、カクテルを飲む女性をいかにお洒落にそしてエレガントに…と同時に自然な女性像を描くためたくさんのスケッチをしたとのこと。最終的にはドレスにほどこされた刺繍やビーズのディティールや素材感とドレスのもつ唯一無二のゴージャスさを自然な雰囲気で描くことにも努めたそうです。数々のコンペをクリアし勝ち取ったプロジェクトだそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
最後にアニメーション作品の新作をお届けします。春の美しさと自然と動物の調和をテーマに作られました。全て水彩で描き、アニメーションもスタッフと一緒に手がけました。水彩のアニメーション化はなかなか難しいと聞きますが…簡単なものではありますが、素敵に仕上がっています。ぜひ次回案件にご検討くださいませ。動画はコチラをクリック!→ https://youtu.be/pWeTP3BtWkQ
(YouTubeサイトにリンクされています。ボリューム等、あらかじめご調整の上、視聴ください。)

2018.03.30 Friday
Kari Modén/SalzburgMilch

Kari Modén がオーストリアのミルク会社、SalzburgMilch からの依頼で、プレミアムシリーズのパッケージとWEB用に花と牛のモチーフをアレンジしたイラストを制作しました。
プレミアムシリーズはSalzburgMilch社が、牛の健康を維持、または向上させるために、農家との連携を見直し、新しいガイドランを設け、徹底して、品質にこだわり販売する新商品のため、パッケージにもこだわりを出したかったそうで、アルプス山脈から取れる花や自然のモチーフと、フレーバーに使用されるフルーツ、そして大切に育てられた牛を合わせてデザインされました。
「プレミアムシリーズ」ということで「プレミアム」感を出すことを意識することは勿論ですが、同時に、自然で、魅力ある商品であることも伝えつつ、パッケージとして、一目で見て分かりやすくあるためにシンプルでなくてはなりませんが、このシリーズは、全ての点を見事に叶えたシリーズになっています。日本では牛乳やヨーグルトのパッケージはシンプルなので…こんなに可愛らしいパッケージの商品があれば、パケ買いしてしまいそうです。

1 / 51234...最後 »