news

2021.04.09 Friday
江越ミカ / Shibuya Fashion Week 2021 Spring

3月に渋谷一帯で『Shibuya Fashion Week 2021 Spring』が開催されました。世界中のアーティストが参加して渋谷を彩りました。その中で『FASHIONART – アート回遊』と題し数々のアートが展示されたそうですが、その一ヶ所、東急百貨店の渋谷本店のエレベーター内外のガラス面や通りの天井に、弊社作家の江越ミカさんの作品が登場!渋谷という空間とファッション、そしてアート、どのワードをとっても江越さんの作品の世界観にピッタリ。「あ〜!あれか!」と通りすがりに目にされたことを思い出される方もいるかと思います。その一部をご紹介させていただきます。
江越さんのinstagramアカウントではエレベーターが動いている動画や、作品の前でピースサインをしているカワイイ江越さんもご覧いただけます。こちらも併せてご覧くださいませ。

2021.03.26 Friday
Donald Robertson / 大丸心斎橋店 SAKURA SAKU

今年も、大丸心斎橋店の春の装飾用ビジュアルの制作コーディネートを弊社が担当しました。ビジュアルを制作したのは、昨年に続き、アメリカ在住のアーティスト、Donald Robertson(ドナルド・ロバートソン)。吉報の意味もあるSAKURA SAKUという言葉がタイトルの今回、そのタイトル文字と彼特有のファッショナブルな男女を明るいピンク色でまとめた作品を描いてくれました。
そして今年は、新しい試みとして、この作品の原画が心斎橋筋商店街側ショーウィンドゥ内に展示され、さらに、webでの原画チャリティーオークションに出品されることになりました!落札価格の全額が大阪の芸術を支援する「なにわの芸術応援募金」に寄付されます。(詳しくは大丸心斎橋店公式ホームページをご覧ください。)
ロバートソン氏のPOPなアートと素晴らしい桜の植栽とのコラボレーションや作品から出てきたようなマネキンたちを見ながらショッピングを楽しんだり、原画をながめたり、はたまたオークションに参加したりと、アートとショッピングを楽しみながらお花見気分を味わいに足を運んではいかがでしょうか。

2021.02.18 Thursday
THE ARTWORKS Claire Harrup / 新規契約作家のご紹介

弊社が提携するイギリスのエージェント、 THE ARTWORKS の新メンバー、Claire Harrup(クレア・ハラップ)のご紹介です。イギリス東部のエセックス州に住むイラストレーターであり版画家である彼女は、主にエディトリアルやパッケージ、プロダクトデザインなどに作品を提供しています。イラスト作品を制作する際は、版画やコラージュ、ドローイングのテクニックをデジタルで表現していますが、常に手で描いた時のクオリティーを保つよう努めているそうです。

2021.02.12 Friday
THE ARTWORKS Chris Wormell / ラグビーイングランド代表 150周年記念ロゴ

弊社の提携しているイラストレーションエージェンシー THE ARTWORKS の作家Chris Wormell(クリス・ワーメル) が、ラグビーのイングランド代表の150周年記念ロゴを、1871年のオリジナルロゴを元にアレンジをして制作。
1871年に着用されたキャップに刺繍されていたろごを元にデザイナーと共にスケッチを起こし、そこからPhotoshopにてデジタル化。そこから更にシンプルに簡略化し、茎と花の部分にひねりを加えるなどし完成。長い道のりだったそうで、完成作品がラグビーシャツに印刷されたものを見て非常に嬉しかったそうです。

2021.02.05 Friday
THE ARTWORKS Greg McIndoe / 新規契約作家のご紹介

弊社の提携しているイギリス、ロンドンを拠点に活動する THE ARTWORKS に新たに Greg McIndoe (グレッグ・マックインドゥ)が加わりました。イギリスのグラスゴーを拠点に活動する若手イラストレーター兼デザイナーです。
彼のイラストレーションのスタイルは、抽象的な表現に尽きます。そして、それは彼が何よりも幾何学的な図形を素材として楽しむことが大好きだから。常に2Dと3Dのイメージを創り出すテクニックやミニマイズする方法を常に探求しています。

2020.12.23 Wednesday
ご挨拶と年末年始の営業時間のお知らせ

本年も大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
2020/12/29〜2021/1/4までお休みとさせていただきます。1/5より、通常通り営業いたします。
Our office will remain closed until January 4th for New Year Holidays.
We assure you that all your emails will be answered as soon as we return to the office.

・・・・・・・・・・・・・・
Piet Paris (ピエ・パリ)
オランダ生まれ。 
他に類を見ないオリジナリティーの高い作品で、ファッションイラストレーターとしてワールドワイドに活躍。今回、弊社のために20周年の20をあしらった素敵な作品を制作してくれました。

2020.12.16 Wednesday
Rob Ryan / 大丸・松坂屋『Happy Holidays 』キャンペーン 2020

いよいよクリスマスまで1週間程となりましたが、今年は新型コロナの影響もあり、例年とは違った過ごし方となりそうです。そんな中、今年も弊社がビジュアル制作のコーディネートを担当した、大丸・松坂屋のHappy Holidays キャンペーンがスタートしています。キャンペーンビジュアルを制作したのはお馴染みのイギリスの作家、ロブ・ライアン。今年のキャッチフレーズ「少し離れて、ずっと近づく」を、離れたところにいる男女のビジュアルで表現してくれました。目を引くのは画面中央の大きな月。絵の中の男女はそれぞれこの月を見上げています。ロブ・ライアンは、「『月』は、離れた人々が一緒に見ることができるもの、そして、はるかかなたに離れていても、とても近くに感じられるものの象徴として描きました。」と語っています。
ロブ・ライアンが制作した作品は、ホリデーシーズン限定のショッピングバッグをはじめ、大丸・松坂屋の各店舗のウェブサイトや店内装飾にも多数使用されています。また、現在キャンペーン特設サイトでは、各店舗ごとの、店内装飾やその制作風景などを紹介したショートムービーを公開しています。普段足を運ぶことのない店舗の装飾や、制作風景を見ることができる滅多とない機会ですので是非のぞいてみてください。また、ロブ・ライアンの作品を使ったデジタルメッセージカードのサービスなどもありますので、今年は離れたご家族、お友達に彼の素敵な絵でメッセージを送ってはいかがでしょうか?(特設サイトは終了しました。)
AD・D:セカンドセカンド / 佐古田英一  CD・C:田中有史オフィス/ 田中有史 

*以下店内写真は大丸京都店での店内装飾

2020.12.10 Thursday
Jiri Votruba / ららぽーと名古屋みなとアルクス クリスマスビジュアル制作

弊社作家のJiri Votruba(イジー・ヴォトルバ)さんが、ららぽーと名古屋みなとアルクスのクリスマスビジュアルを手がけました。すこしお茶目なサンタクロースと「北欧」をテーマに、ニッセ(小人)やアイスキャンドル、ジンジャークッキーなどが所狭しと賑やかに描かれています。実はサウナから上がったニッセもいます。探してみてください。

2020.11.20 Friday
花モト・トモコ / 個展『d r e a m l i k e』

花モト・トモコさんの個展が、外苑前のポピュラリティギャラリーにて、121日(火)から126日(日)まで開催されます。今回の個展では「d r e a m l i k e」をテーマに、GARASUE (ガラス絵)と水彩による新作イラストレーションが展示されるとのこと。「心地よいまどろみの中で見たような風景やモチーフを切り取った描き下ろしの30作品」が会場に並ぶそう。透過するガラスに描かれた風景とその背面に配置された作品…ふたつの素材違いの作品が融合し、光を受けて影を生み、一つとなる。時間や光の強さ、またご自身の心によっても見え方が変わると思います。どうぞお楽しみください。
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
開催日:2020121日(火)~126日(日)※会期中無休
開催時間:11:0019:00  最終日の日曜は11:0017:00
開催場所:Popularity Gallery & Studio  (東京都渋谷区神宮前2-3-24)
アクセス:銀座線外苑前 出口3 徒歩8分、JR千駄ヶ谷 徒歩9分
入場料:無料

2020.11.12 Thursday
植松しんこ/NAIGAI 100周年記念ビジュアル(ハマグリパイルソックス)

弊社作家の植松しんこさんがNAIGAI 100周年記念ビジュアルとして、大人気商品であるハマグリパイルソックスをからめた作品を制作。春夏ビジュアルはハマグリソックスを盛り込み爽やかな表現でしたが、今回はぬくぬくとした感じが作品全面から伝わります。商品画像との合成でしたが、馴染んでいてビックリです。店頭で見かけられましたら、どうぞ作品をご覧いただきつつ、心も足元も温めてください。
NAIGAIサイト内の『くつしたと私』というコーナーにてインタビューも公開されております。ぜひご覧くださいませ!