news

2021.07.02 Friday
植松しんこ / 個展『monochrome』

弊社作家の植松しんこさんの個展『monochrome』が会期終了しました。残念ながら見逃してしまった方に、ほんの少しだけ会場の雰囲気をお見せします。
今回の会場は吉祥寺の古本屋 一日 さんでした。これまで描きためてこられたモノクロの作品を一挙に公開。100点近い素敵な作品が所狭しと並びました。
「線画の作品を描くようになって色々と広がりました!」と語る植松さん。モノクロの線画作品を描く時は、カラーの作品を描く時とは少し視点を変えなければならず、それがまた、作家としての幅も広げたのかと思います。モノクロ線画の作品は、どこか「現実の生活に近い」表現になるので、いつものカラーの作品とは一味違った世界観になるとか。その辺りを楽しんでもらえたら、という想いがあったそうです。
今回、展示された作品は、オンラインでの原画販売もあるかも知れません!また改めてお知らせいたします。
次回の個展は4月予定とのこと。モノクロ、カラー、立体と色々と展示される予定だそうですので、ぜひ楽しみにお待ちください。

2021.06.11 Friday
Kerrie Hess / 新書『Joy in the Little Things』出版のお知らせ

弊社作家のKerrie Hess (ケリー・ヘス)が新書『Joy in the Little Things』を出版。毎日の日々の中にある彼女をハッピーにさせる物や出来事などが、作品や写真と共に紹介されています。悩んだり、困った時には、こう考えるといいわよ!というようなヒントも満載。とても前向きで心軽やかになる一冊です。

2021.05.28 Friday
オオノ・マユミ / 『Il mio posto preferito』発売のお知らせ

弊社作家のオオノ・マユミさんが手がけられた絵本『Il mio posto preferito』がイタリアにて発売開始されました!『Il mio posto preferito』とは、英語で『My Favorite Place』、日本語では『私のお気に入りの場所』。
「風が心地よく吹く大好きな花畑から、いろんな好きな場所にでかけて楽しんで、最後は花畑(一番大切な場所)に帰る、というとてもシンプルなお話」だそうです。パターン的なグラフィカルな構造で展開されており、絵探しや迷路のような仕掛けもあるとか。
本書を出版したイタリアの kira kira edizioni は、子どもの世界の物語を求めている出版社で「いつも家に帰る」という日常の行動を、今回オオノさんが提案したアイデアに重ね合わせてくれ実現したそうです。
残念ながら、日本の書店ではお目見えがないですが、イタリアの書店 Momo Libreria Per Ragazzi のインスタグラムにて数ページだけ中身が紹介されておりますので、ぜひコチラからものぞいてみてください。

2021.05.19 Wednesday
Jason Brooks / WWD JAPAN 5月10日号

Jason Brooksがファッション週刊紙の『WWD Japan』の5月10日号で、今年4周年を迎えたGINZA SIXとのタイアップ記事用に作品を制作しました。今回のタイアップ記事は、カバーオンカバーという通常の紙面をもう1枚別の表紙でカバーするというとてもユニークなもので、そのカバーの表紙用にGINZA SIXの建物を描いています。通常、デジタルタッチかドローイングタッチのいずれかで作品を制作するジェイソンですが、今回はその二つを融合させた新しいスタイルで制作。建物の大枠はデジタルタッチで制作し、空や建物に映り込んだ雲はドローイングの筆のタッチをそのまま生かすことで、非常にインパクトのあるビジュアルになりました。さらに、通りを歩く人々に目をやると、GINZA SIXで取り扱われているファッションブランドのファッションに身を包んだ人が歩いているなど、細部にもこだわった作品となっています。

2021.05.13 Thursday
Sandra Suy / 新規契約作家のご紹介

この度、新たに弊社作家として Sandra Suy が加わりました!緻密な表現と抜けのあるラフなタッチの絶妙なバランスによって創り上げられる作品はどれも非常に洗練されていて見ていて飽きません。描く女性の透明感や、時にアンニュイな空気感までもを漂わせ、見せられる技術力。それが世界中から依頼を受ける理由の一つだと言えるでしょう。
絵を描くことが自己表現であり、日常生活で欠くことができないものだそう。スペイン、バルセロナ出身。

2021.04.20 Tuesday
Jan Buchczik / FILA Korea x BTSコラボ Project7 T-shirt

この度、弊社作家の Jan Buchczik (ジャン・プハチック) FILA BTS のコラボブランドProject7 2021SSシーズンのTシャツのイラストを新規に描き起こしました。『BACK TO NATURE』と題し、韓国にて既に発売開始されています。
環境を考え、自然に帰ろうという重い題材ですが、Janのウィットの効いた絵柄とビビッドな色使いでポップに仕上がっています。これからの季節にぴったりです。韓国語のみサイトとなっておりますが、JanのTシャツを着たBTSの爽やかな動画も上がっておりますので、ぜひ、FILA Project 7 のページやインスタにアクセスしてみてください。

2021.04.09 Friday
江越ミカ / Shibuya Fashion Week 2021 Spring

3月に渋谷一帯で『Shibuya Fashion Week 2021 Spring』が開催されました。世界中のアーティストが参加して渋谷を彩りました。その中で『FASHIONART – アート回遊』と題し数々のアートが展示されたそうですが、その一ヶ所、東急百貨店の渋谷本店のエレベーター内外のガラス面や通りの天井に、弊社作家の江越ミカさんの作品が登場!渋谷という空間とファッション、そしてアート、どのワードをとっても江越さんの作品の世界観にピッタリ。「あ〜!あれか!」と通りすがりに目にされたことを思い出される方もいるかと思います。その一部をご紹介させていただきます。
江越さんのinstagramアカウントではエレベーターが動いている動画や、作品の前でピースサインをしているカワイイ江越さんもご覧いただけます。こちらも併せてご覧くださいませ。

2021.03.26 Friday
Donald Robertson / 大丸心斎橋店 SAKURA SAKU

今年も、大丸心斎橋店の春の装飾用ビジュアルの制作コーディネートを弊社が担当しました。ビジュアルを制作したのは、昨年に続き、アメリカ在住のアーティスト、Donald Robertson(ドナルド・ロバートソン)。吉報の意味もあるSAKURA SAKUという言葉がタイトルの今回、そのタイトル文字と彼特有のファッショナブルな男女を明るいピンク色でまとめた作品を描いてくれました。
そして今年は、新しい試みとして、この作品の原画が心斎橋筋商店街側ショーウィンドゥ内に展示され、さらに、webでの原画チャリティーオークションに出品されることになりました!落札価格の全額が大阪の芸術を支援する「なにわの芸術応援募金」に寄付されます。(詳しくは大丸心斎橋店公式ホームページをご覧ください。)
ロバートソン氏のPOPなアートと素晴らしい桜の植栽とのコラボレーションや作品から出てきたようなマネキンたちを見ながらショッピングを楽しんだり、原画をながめたり、はたまたオークションに参加したりと、アートとショッピングを楽しみながらお花見気分を味わいに足を運んではいかがでしょうか。

2021.02.18 Thursday
THE ARTWORKS Claire Harrup / 新規契約作家のご紹介

弊社が提携するイギリスのエージェント、 THE ARTWORKS の新メンバー、Claire Harrup(クレア・ハラップ)のご紹介です。イギリス東部のエセックス州に住むイラストレーターであり版画家である彼女は、主にエディトリアルやパッケージ、プロダクトデザインなどに作品を提供しています。イラスト作品を制作する際は、版画やコラージュ、ドローイングのテクニックをデジタルで表現していますが、常に手で描いた時のクオリティーを保つよう努めているそうです。

2021.02.12 Friday
THE ARTWORKS Chris Wormell / ラグビーイングランド代表 150周年記念ロゴ

弊社の提携しているイラストレーションエージェンシー THE ARTWORKS の作家Chris Wormell(クリス・ワーメル) が、ラグビーのイングランド代表の150周年記念ロゴを、1871年のオリジナルロゴを元にアレンジをして制作。
1871年に着用されたキャップに刺繍されていたろごを元にデザイナーと共にスケッチを起こし、そこからPhotoshopにてデジタル化。そこから更にシンプルに簡略化し、茎と花の部分にひねりを加えるなどし完成。長い道のりだったそうで、完成作品がラグビーシャツに印刷されたものを見て非常に嬉しかったそうです。